SEARCH

ホーム |  最新ニュース |  掲示板 |  ダウンロード |  リンク |  ギャラリー |  お問い合わせ
メインメニュー
会員専用

トピックス

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 > 次へ

2020年11月05日
黒伏山の叫び声(最北地区)
友人と東根市の黒伏山(標高1,227m 東北最大の岩壁で落差300mほど)を眺めに
行くことになり、車の中でこんな話を聞きました。

友人は家族で農業をやっており、冬期は仕事が無いので別の仕事をしています。息子さんは
黒伏高原スキー場でリフト係をしていたそうです。

それは10年前の東日本大震災の時でした。
スキー場からは黒伏山の岩壁を間近で一望できるのですが、そこから激しい揺れと同時に、
けたたましい叫び声のような、言葉ではとても表現できない奇怪な爆音が響き渡りました。
仕事の同僚が「山が鳴いてる」と。しかし息子さんの印象は、黒伏山がこちらに向かって
大声で吠えて威嚇しているようで、今までに経験したことのない恐怖を感じたそうです
黒伏山の南壁はロッククライミングで有名な場所です。そこで命を落とした人もいれば、
山菜取りに行ったまま行方不明になった人もいたとか・・・。

しばらくして黒伏山が見えてきました。垂直に近い南壁は威圧感があり、息子さんの体験談
と相まったせいか、我々も山に吸い込まれるような恐ろしい錯覚を覚えました。

ここまでの話だと黒伏山は怖さしか感じません。でも逆もまた然りで、しばらく眺めて
いると岩肌が神々しくもあり、スキー場を含め黒伏山一帯は壮大で綺麗な山々だと思います。
去年の冬は極端に雪が少なく、運営が満足にできなかったスキー場が多い中、黒伏高原
スキー場は全面滑走可能で、しかもパウダースノーを保った状態だったそうです。
もし機会がありましたら是非!スキーやスノーボード、そして眺めにいらしてくださいね。

帰る途中、野猿がガードレールの上で何かを美味しそうに食べていました。
近寄っても逃げなかったので記念撮影です。

最北地区 原田洋典


 
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2020年08月20日
人命救助により表彰される(県柔道整復師会)
本会の馳尾順一会員(山形地区)が、6日山形市消防本部にて人命救助により表彰されました。
6/24、意識を失った男性を奥様とご令嬢とともに心臓マッサージ、AEDによる心肺蘇生で救助したということです。
とっさの時にはなかなかできないものですが、不断の努力のたまものですね。

Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]
庄内地区だより(庄内地区)
      令和2年度庄内地区柔道整復師会総会報告

 令和2年6月21日(日)午後2時30分より、酒田勤労福祉センターにおいて、令和2年度庄内地区柔道整復師会総会が開催されました。
 総会は佐藤規雄副会長の開会の挨拶で始まり白旗寛仁会長の挨拶と続き、議長に吉川譲会員、書記に杉山藍会員が選出され、令和2年度の各部(総務 保険 学術 企画 救護 決算 監査)の報告があり承認され次に、令和2年度の事業計画、予算(案)も承認されました。

 総会終了後に佐藤公司先生に講師をお願いして保険講習会が行われました。

 今年はコロナウイルス禍で行事等も中止になっており、総会後の懇親会も取り止めました。忘年会も話題に上がりましたが次回の役員会に先送りなりました。
会終了後会員に次亜塩素酸水を配布し感染・防止を意識して解散となりました。

庄内地区広報 丸山 稔
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2020年04月10日
庄内地区だより(庄内地区)
          庄内地区だより

                    広報担当 丸山 稔

         令和2年度 事業計画

5月23日 令和2年度(公社)県柔道整復師会総会/山形国際ホテル

6月28日 国際ノルディックウォークin鶴岡 /湯の浜海水浴場

7月26日 第1回 学術講習会・市民公開講座 /未定

10月24日 (公社)日本柔道整復師会    /宮城県 仙台市内
10月25日   東北ブロック 学術大会

 上記の事業を上期に予定しています。
 コロナウイルスの影響もありあくまでも予定ですが、今年度もよろしくお願いいたします。
Posted by maruyama [コメント(0)][トラックバック(0)]

2020年02月27日
県立図書館に寄贈しました(県柔道整復師会)
柔道整復術公認百周年記念出版の、
「解説 整骨新書」
「解説 整骨範」
「解説 骨継療治重宝記」
の3冊セット本を、山形県立図書館に寄贈致しました。

 

Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]
東京オリンピック・パラリンピックの協力柔整師(県柔道整復師会)
東京オリンピック・パラリンピック競技大会への協力委員として本会から推薦しておりました稲葉裕会員(山形地区)が、オリンピック柔道競技の協力員として正式決定したと組織委員会より通知がありました。
稲葉会員には得意の英語で選手・コーチのサポートにご尽力頂きたくご期待申し上げます。




2020.3.11山形新聞朝刊
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2020年01月12日
寄稿(庄内地区)
     国際ノルディックウォークin湯野浜について
                    
                     担当 丸山 稔

 庄内地区有志でボディケアとテーピング等のボランティア活動で参加している、国際ノルディックウォークin湯野浜について紹介します。
 鶴岡市の湯野浜温泉では北欧(フィンランド)を発祥としたノルディックウォークを活用して、市民の体力・健康づくりや地域の魅力発信、観光誘客を図るため、平成11年より国際ノルディックウォークin湯野浜を開催しています。(日本で初めての大会開催)
 ノルディックウォークとは両手にポールを持って行うウオーキングです。通常のウオーキングに腕・胸・肩の運動が加わる事で運動効果が大幅にアップし同時に足腰の負担が減少するため手軽に運動したいひとにもおすすめです。3k・7k・13kのコースがあります。
 大会を重ねて今では東北各地や関東からの参加者も多くなっていて他県の方と触れ合える機会も増えているように思います。 





Posted by maruyama [コメント(0)][トラックバック(0)]
庄内地区だより(庄内地区)
           庄内地区だより
                    広報担当 丸山 稔

      庄内地区学術公開講座・保険講習会報告

 令和元年11月30日鶴岡市湯野浜温泉華夕美・日本海において主催庄内地区柔道整復師会、医療法人健友会後援で庄内地区学術講習会・市民公開健康講座を開催しました。
 白旗寛仁会長の挨拶、講師紹介と続き、講師に医療法人健友会理事・庄内地区柔道整復師会顧問医の本間修先生をお招きし講演を頂きました。
 次に佐藤公司先生による保険講習会が開講されました。続いてSSB郡山宗浩様より超音波画像診断装置について解説の後、3台の装置を実際に使って体験をしました。観察したい部位をさぐるにも左右を対比するにも、正確に画像に映す技術が必要な事がわかりました。今後数回の講習会を予定しています。
 講習会終了後は会場を移して懇親会となりました。終始和やかな雰囲気の中会話も弾み時間が過ぎお開きとなりました。ご参加いただいた会員の皆様お疲れ様でした。



Posted by maruyama [コメント(0)][トラックバック(0)]

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 > 次へ

nmBlog v1.4 distributed by SAMN Project
Copyright (c) 2002-2007 公益社団法人山形県柔道整復師会All rights reserved