SEARCH

ホーム |  最新ニュース |  掲示板 |  ダウンロード |  リンク |  ギャラリー |  お問い合わせ
メインメニュー
会員専用

トピックス

前へ < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 > 次へ

2013年11月19日
ロゴマーク決定のお知らせ(県柔道整復師会)
当会はこの度、公益社団法人の認可を受け公益社団法人となりました。その記念事業の一環として 新たなロゴマークを公募しておりましたが 決定しましたのでお知らせ致します。
ロゴマークの公募につきましては 多数の応募を頂きまして 誠に有り難うございました。
ご応募いただきました作品の中から厳正に選考をさせていただきました。
受賞者の発表につきましては 受賞者にはすでに直接連絡をさせていただきましたが 通知をもって発表にかえさせていただきます。


Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2013年10月09日
西村山地区だより(平成25年10月)(寒河江西村山地区)
   西村山中学校総合体育大会救護班参加

9月28日、29日に行われた西村山中学校総合体育大会新人戦に春の体育大会に引き続き救護班として参加しました。バスケットボール、バレーボール、野球、ソフトボール、サッカー、剣道、柔道、7種目8会場、1日目7名2日目7名2日間合わせて14名の会員の派遣を行いました。西村山支部の会員には快く参加していただきました。

平成25年 西村山中学校総合体育大会に救護班ボランティアメンバー  
15日、高橋淳一、藤田直也、崎村昌孔、佐藤重三、渡辺光輝、佐藤 敏、佐藤伸明、
16日 古川 卓、奥山次朗 鈴木崇士、細谷敏行、藤田欣也、奥山 隆、後藤雄二

広報担当 細谷敏行

 


 
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2013年06月29日
西村山地区便り(寒河江西村山地区)
西村山中学校総合体育大会救護班参加

6月15日、16日に行われた西村山中学校総合体育大会に救護班として参加しました。バスケットボール、バレーボール、野球、ソフトボール、サッカー、剣道、柔道、7種目8会場、1日目10名2日目12名2日間合わせて22名の会員の派遣を行いました。会員には、土曜日は仕事を休業しての参加、ボランティア参加のため昼食も各自持参との厳しい環境の中、西村山支部の会員には快く参加していただきました。養護の先生には大変助かりますとの言葉もいただき、中学校関係者の方には、良好な関係が築けたものと思います。
救護班参加のため3度の勉強会を開きました。5月29日の勉強会では、早坂ひとみ先生を講師に迎えトレーナーとしての心構え、必需品、対処法などをおしえていただきました。競技によって負傷する部位、種類、対処法にそれぞれ特徴があることを改めて知ることができました。

平成25年 西村山中学校総合体育大会に救護班ボランティアメンバー  
15日、高橋淳一、和田和則、崎村昌孔、荒木たい子、遠藤重男、奥山淳史、
鈴木孝彦、佐藤伸明、細谷敏行、和田 啓、
16日 高橋淳一 鈴木崇士、奥山治朗、布川善夫、古川 卓、渡辺光輝、佐藤伸明、奥山敦史、藤田直也、藤田欣也、奥山 隆、


担当 細谷敏行

 
 
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2013年06月11日
第12回 さくらんぼマラソン大会 ボランティア活動報告(ボランティア(SVY))
 6月9日(日) 肌寒いほどの朝の気候の下、第12回 東根市主催のさくらんぼマラソン大会が今年も陸上自衛隊神町駐屯地大営庭を会場に開催されました。
今回のランナーエントリーは昨年同様、北は北海道から南は沖縄まで日本全国から12000名を数えました。御存じ東北一のマンモスマラソン大会です。山形県内から4700名、県外7300名。お隣り宮城県から3000名、東京都からは1000名もの参加者がありました。県外の人達は前日から来県するため、東根温泉をはじめ近隣の天童や作並温泉まで旅館、ホテルは超満員だったようです。この大会がもたらす経済効果はいかに・・・。
今年で6回目のボランティア参加となりましたが、県接骨師会会員15名とお手伝い2名の計17名でレ−ス前のテーピング及びレ−ス後のケア活動を行いました。レ−ス前のテ−ピングを受けるランナ−は数百名と例年どおりでしたが、今年は特にレ−ス後のケア(アイシング・ストレッチ等の応急処置)を受けるランナーが大変多くブ−スを訪れております。多くの選手が毎年この大会に参加され、過去5年間のわれわれの活動を多くの人達が見ていたという事実。そう、山形県接骨師会のブ−スに行けばレ−ス後のケアも受けられると…。
「来年もまた来ます」と手を振って帰られたランナ−を見送り、今回も多くの人達に柔整師業務の一端をPRできたと自負しています。
 最後に、集合は午前6時、誰一人遅刻するメンバ−も無く、ボランティア参加の先生方には誠に頭の下がる思いでいっぱいです。本当にお疲れ様でした。厚く厚く御礼申し上げます。


平成25年 さくらんぼマラソン大会ボランティアメンバー  (敬称略)

齊藤勝典県会長、植木俊和、石川敏一、井苅照仁、渡辺 新、早坂耐希、下山 剛・・・最北地区7名
稲毛英俊、伊藤義哉、関 洋明、熊澤和寛、川越義徳、石川ますみ、朝倉啓太、花輪春香・・・山形地区8名
お手伝い2名                  合計17名

             SVY  石 川 敏 一

 

 
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2013年04月22日
置賜地区だより(平成25年4月)(置賜地区)
 去る平成25年4月13日(土)に赤湯温泉「丹泉ホテル」において、平成25年度置賜地区接骨師会 通常総会が開催されました。

 開会に先立ち、昨年12月を以って退会された桜井宏 先生に長年の支部会並び県接骨師会でのご活躍に対し、支部より表彰・記念品、また南陽・高畠地区より花束の贈呈がありました。
その後、桜井先生より地区会員へのメッセージが語られました。



総務による進行で、齋藤光夫 副会長の開会の辞で始まり、五十嶺弘 地区会長の挨拶、その後、予定では最後に出される 報告・連絡事項となりました。五十嶺 会長より、公益社団法人への施行について、公益社団法人山形県接骨師会役員選任について、支部の名称が置賜地区接骨師会に変更となった等。嵐田郁夫 県理事より、公益社団法人への施行について、また、県理事会報告等が出されました。

早速、議長・書記選出となり、議長 草野久栄 氏、書記 小関祐介 氏、和田藍加 氏が選出され、定足数確認により総会の成立が確認され議事に入りました。
(1)平成24年度事業報告、並びに各部活動報告、(2)平成24年度会計報告、(3)監査報告、(4)質疑応答を経て承認されました。
(5)平成25年度事業計画(案)、(6)平成25年度予算(案)、(7)公益社団法人に伴う定款会則の変更について、(8)質疑応答を受け承認されました。(9)その他を審議・確認し円滑な流れで、議長・書記の解任となりました。
総務の進行に戻り、地区会理事・監事選出では、前支部長の意向もあり、ほぼ留任となり、欠員1名を選出することとなり、各地区の地区長による選考で新理事が決定しました。
新理事の先生方、1期2年よろしくお願いいたします。
続いて、その他を経て齋藤光夫 副会長の閉会の辞で通常総会を閉じる事となりました。


 暫時休憩となり、一般会員は各自部屋に入り休憩、新理事は一室へ集合となりました。

第二部、同会場において懇親会が行われました。
総務の進行で、佐藤義弘 副会長の置賜地区接骨師会 懇親会開会の挨拶に始まり、総務よりステージ前にて新役員の役職及び氏名の紹介。
会長 五十嶺弘 氏、副会長 佐藤義弘 氏、総務部長 江口信浩 氏、総務部員兼広報 西長孝浩 氏、経理部長 梅津宏一 氏、経理部員 浦山州弘 氏、保険部長 藁科隆 氏、学術部長 丹学 氏、監事 手塚光一 氏、佐藤治樹 氏、名誉顧問 森好郎 氏、相談役 佐藤二雄 氏。
代表して五十嶺弘 会長より挨拶。ご来賓には、県議会議員 佐貝全健 氏、県議会議員 小池克敏 氏、もり医院院長 森洋幸 氏、にお越しいただきました。
来賓挨拶には、佐貝全健 氏、小池克敏 氏より頂戴しました。ご芳志・電報のご披露の後、乾杯のご発声を 森好郎 名誉顧問より頂戴いたしました。
 宴会に入り、酒を酌み交わしカラオケに興じ、楽しい時間を過ごす事が出来ました。
時間も押し迫り、後藤忠史 氏の締めで散会となり、その後は、赤湯のネオン街へと繰り出しました。

置賜支部広報 藁科 隆

Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

前へ < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 > 次へ

nmBlog v1.4 distributed by SAMN Project
Copyright (c) 2002-2007 公益社団法人山形県柔道整復師会All rights reserved