SEARCH

ホーム |  最新ニュース |  掲示板 |  ダウンロード |  リンク |  ギャラリー |  お問い合わせ
メインメニュー
会員専用

トピックス

前へ < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 > 次へ

2012年12月22日
NHK地球ラジオ 世界の窓に・・・(庄内地区)
酒田市で開業している工藤明寛会員(工藤整骨院:酒田市松原南17-32)がNHKラジオ第一放送に寄せた酒田市を紹介する文章が、豊富な写真とともに番組ホームページに紹介されています。一度ご覧になって頂きたいと思い、ここにご紹介させて頂きます。

NHKラジオ第一放送→「地球ラジオ」→「世界の窓」コーナーです。
http://www.nhk.or.jp/gr/mado/2012/12-16.html

Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2012年12月01日
置賜支部だより(平成24年11月)(置賜地区)
11月17−18日にかけて東京への研修旅行が行われました。バスを使っての研修旅行は4年ぶりということで皆心躍らせての出発となりました。
 17日は午前中お仕事を済ませ昼からの出発、貸し切った大型バスの中では生憎の悪天候にも関わらず早速酒宴が催されました。トイレ休憩をはさみながら呑み過ぎ状態でやや遅れぎみで到着した東京も残念ながら大雨。夕食の築地「たぬきや」では鮮魚料理を堪能しつつ明日の快晴を祈願して盛り上がりました。
 18日はその甲斐あってか朝から抜けるような晴天、スカイツリーの完成で再び脚光を浴び始めた東京タワーで大展望台よりの景観を楽しみました。その後今回のメインイベント「東京ランチクルーズ」のため日の出埠頭より出港、レインボーブリッジや東京ゲートブリッジの下を通ったり、遠くにスカイツリーを望み各々優雅な一時を過ごしていました。そしてまた帰りのバスの中で酒宴が始って無事帰還と相成りました。東京の新旧名所を満喫して会員同士の親睦が深まった素晴らしい旅行でした。

参加者(敬称略)
五十嶺弘  斎藤光夫  嵐田郁夫  小出道博   後藤忠史  吉見金太郎 
梅津宏一  鹿股尚博  浦山州弘  岡村理    佐藤義弘  加藤孝瑛 
齋藤大輝  須貝弘和  遠藤初美  竹田恵美子  鈴木久美子       計17名

       置賜支部広報委員兼旅行委員長 岡村 理

Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2012年10月23日
第8回 三師会交流野球大会報告(県柔道整復師会)
第8回 山形市医師会・山形市歯科医師会・山形県接骨師会
三師会交流野球大会報告


 9月9日(日) 残暑厳しい中、第8回三師会交流野球大会が山形市営球場で
開催されました。



 ついにやりました。念願の初優勝です。今年の接骨師会野球部は新入部員の活躍と若手・中堅・ベテランがうまく融合しチ−ムワ−クの良さが際立っていました。試合では終始リ−ドを保ち慌てることなく完勝であったと思います。    
 6月末から炎天下の中での練習と試合を重ね、チ−ムの結束も強まり素晴らしいチ−ムになったと思います。今後は連覇に向けて頑張りますので御期待下さい。また、第2部の懇親会では、医師会、歯科医師会の先生方と和気あいあいと親睦を深め合う事が出来ました。小山県会長、武田県理事、鈴木山形支部長各先生には早朝からの応援とお手伝いを頂き厚く御礼申し上げます。最後に、選手そして女子マネ−ジャ−諸君、本当にお疲れ様でした。優勝おめでとう!

接骨師会野球部 監督 石川敏一



Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2012年10月12日
置賜支部だより(平成24年9月)(置賜地区)
 去る、平成24年9月8日土曜日、午後2時30分から南陽市宮内のワトワセンターに於いて平成24年度(社)山形県接骨師会置賜支部学術講習会が開催されました。
 開会に先立ち、新入会員の五十嶺宗市会員の自己紹介。続いて、通常では支部長から新入会員への激励となりますが、今回は支部長のご子息ということで、激励ではなく支部会員への挨拶となりました。
 総務の進行で開会の挨拶を斎藤光夫副支部長、支部長挨拶では五十嶺弘支部長となり、続いて県理事会報告を嵐田郁夫県理事、審査会報告を渡部奥次審査委員の予定でしたが、当日は都合により欠席となった為総務からの報告となりました。続いて各部より報告、その他となりました。

 午後3時30分から学術講習会となり、丹学学術部長からの講師紹介から始まりました。
講師は福島県郡山市で開業されている小國接骨院院長 小國行雄 先生で、演題は「腱鞘炎、私の治療法」でした。
 小國先生からは、腱鞘炎は交感神経の冷えから来ているものだから、攻撃的な治療はしてはいけない。と講演していただきました。
実技では、他支部の先生がモデルとなり、一連の動作を見させていただきました。その後、支部会員の先生二名が腱鞘炎を患っていたため、実際の治療をしていただきました。治療前後の左右の握力を計ったところ、明らかに患側の握力が向上していました。また、治療していただいた先生に感想を聞くと大変ソフトタッチな手技だったそうです。
 約10分の休憩の後、腱鞘炎のテーピング実習となり、各テーブルでお互いにテープを貼り、間違いないかを確認し合いました。時間も押し迫り、質疑応答の後、五十嶺弘支部長から講師の小國先生への謝辞、記念品の贈呈があり、斎藤光夫副支部長の閉会の挨拶で支部学術講習会を終了しました。

置賜支部広報 藁科 隆

 
 
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2012年08月29日
市・県民健康公開講座(県柔道整復師会)



お誘い合わせのうえご聴講下さい。
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

前へ < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 > 次へ

nmBlog v1.4 distributed by SAMN Project
Copyright (c) 2002-2007 公益社団法人山形県柔道整復師会All rights reserved