SEARCH

ホーム |  最新ニュース |  掲示板 |  ダウンロード |  リンク |  ギャラリー |  お問い合わせ
メインメニュー
会員専用

2015-12-11
置賜地区便り(平成27年9月)(置賜地区)
 平成27年9月19日(土)に南陽市宮内「ワトワセンター会議室」において、平成27年度置賜地区柔道整復師会 地区学術・保険講習会が開催されました。
 会は梅津宏一副会長の開会の挨拶で始まり、佐藤義弘会長の挨拶、嵐田郁夫県理事、斎藤光夫県理事より県理事会報告等がありました。
 続いて藁科保険部長の講師紹介で保険講習会が始まりました。今年度は山形県柔道整復師会保険担当理事の石川敏一先生においで頂き、「保険取扱いについて」と題してご講演頂きました。今回は、違法広告・看板についての説明と県保険部への質問Q&A、亜急性の取扱いについて詳しく説明して頂きました。これからの日常の業務に必要な内容のご講演で出席者はとても真剣に聞き入っていました。講義終了後、佐藤会長が感謝の言葉を述べ、降壇されました。
 休憩を挟んで、丹学術部長の講師紹介で学術集会が始まりました。大分県の宇佐整骨院院長西原清先生をお迎えし、「動きの土台づくり〜発育・発達に沿った体幹トレーニング〜」と題してご講演頂きました。前半に発育発達理論に基づいた体幹トレーニングについてスライドを使って説明して頂き、後半は実技を交えながらご講演して頂きました。子どもが歩き出すまでの基本動作が体幹を支えるために重要な働きをしていることを教えて頂きました。参加者も実技を行いながら体幹トレーニングの必要性を実感していました。講義終了後、たくさんの質疑にもお答え頂き、佐藤会長の謝辞でご講演が終了しました。
 梅津副会長の閉会の挨拶にて地区学術・保険講習会は終了し散会しました。


置賜地区広報  小関 祐介

Posted by master

この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。

この記事へのコメント
投稿されたコメントはありません。

nmBlog v1.4 distributed by SAMN Project
Copyright (c) 2002-2007 公益社団法人山形県柔道整復師会All rights reserved