SEARCH

ホーム |  最新ニュース |  掲示板 |  ダウンロード |  リンク |  ギャラリー |  お問い合わせ
メインメニュー
会員専用

トピックス

前へ < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 > 次へ

2012年02月13日
山形支部だより(平成24年1月)(山形地区)
山形支部春季学術講習会・懇親会の報告

 H24年1月22日(日)午後3時より山形国際ホテルにおいて「山形支部春季学術講習会」が行われました。
まず始めに「県総会時への要望事項」の話し合いが行われ、続いて稲毛英俊先生から理事報告をお話いただきました。

 次に「柔整師のプライマリーケア」と題し、日常の業務における医接連携をメインに据えた座談会形式のディスカッションを行いました。問診票や問診時におけるカルテの活用、整形外科に紹介する場合の固定の有無、積極的に患者さんを紹介している医療機関、交通事故の自賠責保険の対応という多岐にわたっての有意義な意見交換がありました。この場に参加しなければお聞きすることのできない貴重な情報だったと思います。
私としましては「関節水腫の対応」という話題の時に急に話を振られたので、シドロモドロの返答となってしまい、非常に情けなかったです。


 休憩を挟んで、山形県保険部長の佐藤公司先生から「保険の取り扱い全般」と題しご講演をいただきました。昨年9月より「保険部便り」が発行されていますが、その中から色々注意しなければならない点や健康保険の動向などについて、非常にわかりやすく解説していただきました。ただ、ここ最近の保険の取り扱い関連のお話は我々柔整師が大変厳しい状況にあるのが感じられます。決して楽観視せずに、姿勢を正して日々の治療や業務に励む事が一番なのかと思います。


 昨年の総会時に震災を考慮して懇親会が中止となりました。いつも春期講習後の懇親会はないのですが、その分を今回の講習会後に行いました。次の日は月曜日ということもあり、あまり深酒をしないようと思っていましたが、大いに盛り上がり、沢山の先生方が2次会にも参加され、楽しいお酒の席となりました。

山形支部広報  川越義徳
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2012年02月10日
置賜支部だより(平成24年1月)(置賜地区)
 去る、平成24年1月8日(日)午前10時より、ワトワセンター南陽会議室に於いて、平成23年度第2回新春支部集会が開催されました。

 総務の進行で、開会に先立ち新入会員の小関祐介会員の自己紹介、続いて五十嶺弘支部長からの激励がありました。
 支部集会に入り、齋藤光夫副支部長の開会の挨拶、続いて五十嶺弘支部長の挨拶を経て報告事項に移りました。嵐田郁夫県理事の理事会報告では、発行文書例について等の報告がありました。次に渡部奥次審査委員の審査会報告では、問診表・予診表の活用について等の報告がありました。
 その他各部報告では、梅津宏一経理部長からは、支部学術保険講習会の決算報告。丹学学術部長からは支部学術講習会の反省点について等、藁科隆広報担当からはNCV番組収録について等の報告がありました。
 協議事項に入り、県総会時に於ける支部提出議案については、議案や要望が盛んに出され協議されました。次に佐藤義弘保険部長からは、平成24年度支部保険講習会について等の協議がなされました。その他では、保険業務の質問等が出され大変盛り上がった新春支部集会となり、齋藤光夫 副支部長の閉会の挨拶で閉幕となりました。

新春支部集会当日は、昨年同様大雪で早朝の除雪作業や吹雪により道幅が狭く視界の悪いところ大変ご苦労様でした。

置賜支部広報 藁科 隆

 
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2012年01月06日
置賜支部便り(平成23年10月)(置賜地区)
置賜支部だより

去る、平成23年10月29日(土)午後3時から南陽市宮内の「ワトワセンター」に於いて置賜支部学術講習会が公開講座として行われました。
学術講習会に入る前に、和田藍加 会員の入会の挨拶、支部長による和田会員への激励がありました。
齋藤光夫 副支部長の開会の挨拶に始まり、五十嶺弘 支部長の挨拶、嵐田郁夫 県理事の理事会報告、渡部奥次 審査委員の審査会報告、佐藤義弘 保険部長の報告を経て本題の支部学術講習会に移りました。

 丹学 学術部長の講師紹介の後、演題:「東日本大震災の感想と私の治療法 肩関節脱臼の整復と足関節障害について」と題して、宮城県の亀井接骨鍼灸治療院 院長 亀井 啓 先生の講演となりました。

 講演内容は

1、東日本大震災について
  ・震災時における宮城県柔道整復師会の対応について
  ・亀井接骨鍼灸治療院周辺(塩竃市)の状況について
2、柔整学校の現状について
3、肩関節脱臼の整復法についての再考
  ・肩関節脱臼と周辺疾患のトピックスについて
  ・学校授業での資料について
  ・亀井先生の整復法について
4、足関節障害について再考
  ・障害例シェーマについて
  ・一般的アーチテーピングについて
  ・亀井先生のテーピング法について

以上のように大変内容の濃い充実した学術講習会となりました。
講演終了後、五十嶺弘 支部長の謝辞・謝礼の後、齋藤光夫 副支部長の閉会の挨拶で閉幕となりました。

置賜支部広報 藁科 隆
 
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2011年11月29日
最北支部便り(平成23年11月)(最北地区)
 平成23年11月19日午後3時より、最北支部学術講習会が「東根市さくらんぼタントクルセンター」で行われました。

はじめに、開会の挨拶を早坂ひとみ学術部長より頂き、続いて井苅照仁支部長より挨拶を頂きました。その後、泉整形外科副医院長で、手・肘スポーツ診療の高原政利先生より、「野球肘の早期発見と運動療法」と題して、〔邉緝について(内側、外側部・年齢による好発部位等)。⇒祝病从と早期発見の必要性と方法。1親偉屠,箸靴董焚我しない体作り)と(怪我からの復帰4原則)等を、手術中の動画や運動療法の実技も合わせてご講演を頂きました。
今回は、一般公開講座とのことで本会接骨師会会員以外からも、野球部監督、コーチ、保護者、選手等18名の一般参加者があり会場は、満席で立ち見の方も出る程でした。
講師の先生には一般参加者にもわかりやすく医学用語も一層噛み砕いて大変丁寧にご講演をして頂きました。お忙しい中、内容の濃い貴重なご講演を賜り有難うございました。

その後、場所を移して高原政利先生を囲んでの懇親会となり、講習会で聞き足りなかったことを積極的に質問したり、会員同士での情報交換で大いに盛り上がり、最後は齊藤勝典本会副会長の一本締めにてお開きとなりました。

広報担当  早坂 耐希

 

 
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2011年11月25日
西村山支部便り(平成23年11月)(寒河江西村山地区)
11月12日(土)午後6時30分より、グランデール寒河江にて秋の定期総会ならびにいも煮会が開催されました。 当日は県接骨師会保険学術講習会後の開催でした。今年は東北大震災などで仕事にもいろんな面で影響の出た年でした。懇親会では若い会員らがこれからの接骨院の在り方などについて熱く議論をかわしておりました。頼もしい限りのいも煮会でした。

担当 細谷敏行

 

 
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

前へ < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 > 次へ

nmBlog v1.4 distributed by SAMN Project
Copyright (c) 2002-2007 公益社団法人山形県柔道整復師会All rights reserved