SEARCH

ホーム |  最新ニュース |  掲示板 |  ダウンロード |  リンク |  ギャラリー |  お問い合わせ
メインメニュー
会員専用

トピックス

前へ < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 > 次へ

2010年06月09日
第9回 東根市さくらんぼマラソン大会(ボランティア(SVY))
第9回 東根市さくらんぼマラソン大会 ボランテイア活動報告

 6月6日(日) 第9回東根市さくらんぼマラソン大会が本年も陸上自衛隊神町駐屯地を主会場に開催されました。この大会のルーツは東根市の市長がJRのお偉い方とたまたまお知り合いだったそうで、東根市の町おこしにと新幹線を抱き込み、さくらんぼマラソン大会参加と宿泊をパックにPRしスタートしたのが始まりだそうです。第1回目の参加者数が3,408人。そしてこの大会も今年で9回目を迎えランナーエントリーも約10,900名、ついに1万人を超え益々マンモス化しています。もちろん東北では癸韻梁膕颪任△蝓競技役員及び大会ボランティアの人数も2,000名以上、市民及び市内企業や各種団体、近隣市町村の宿泊施設等の協力のもとに成り立っている大会です。
今年で3回目のボランティア参加となりましたが、県接骨師会SVY会員を主とする15名でテーピングのボランティア活動を行いました。午前7時からサービスを開始すると瞬く間に利用者が増え、メーンとなるハーフ(20キロ)のスタート9時30分前には2列で約30メートルの長蛇の列、大盛況となりました。まるで赤湯ラーメン「龍上海」のよう。10時30分に最後のレース10キロがスタート、その後少しの休憩。そしてまた、順次ゴールしたランナー達が体の痛みを訴えブースに押し寄せてきました。午前7時から昼1時過ぎまで、にぎわう事3時間強。たまたま、ランナーエントリーしていた山形支部の女性会員が見かねて急きょ自身のスタート時間までテーピングのお手伝い、ありがたいこと。およそ約400名程のランナーがテーピングにブースを訪れたと思います。それでも全体の3.7%にすぎませんが、今年もギャラリーを含め多くの人々に柔整師をPRできたことと自負しております。
 翌日に市役所の担当からねぎらいの言葉と来年も是非ともお願いしたい旨の連絡をいただきました。今後もより良いボランティア活動を提供していくことをお約束しておきました。
 もし、来年6月の第一日曜日、お家で暇していらっしゃる会員各位にはテーピングだけでなく他にもいろいろな仕事がありますので、是非活動に参加ご協力をお願い申し上げる次第です。
最後に、早朝から参加ご協力いただきましたボランティアの先生方には心より厚く御礼申し上げます。本当にご苦労様でした。以上ご報告いたします。





今年のボランティアメンバー (敬称略)

睫鄂夫、花輪 昇、熊澤和寛、花輪春香(花輪接骨院)
佐藤由紀子(中央整骨院)、推名かほる(原田接骨院)・・・山形支部6名
武田亢男、森 繁明、石川敏一、渡辺 新、樋渡 進、荒川由紀春、
早坂耐希、下山 剛、加藤 修・・・最北支部9名、
合計15名
特別参加 石川ますみ・・・山形支部

SVY 石 川 敏 一
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年06月07日
西村山支部だより(平成22年4月)(寒河江西村山地区)
西村山支部便り 


○西村山支部保険講習会
平成21年 4月3日 寒河江市 ホテル シンホォニーにおいて
鈴木孝彦先生講師での保険講習が開催されました。脊椎圧迫骨折後療料、負傷日が相違する両肩関節と頸部捻挫野算定について、往診料について、施術情報提供料なと゛その他いろいろ、 審査会の考えなどについていろいろ勉強させていただきました。

 

○西村山支部総会

平成21年 4月3日 寒河江市 ホテル シンホォニーにおいて
西村山支部総会が開催されました。
開会のあいさつ
支部長のあいさつ 高橋淳一
審議事項
平成21年度 事業報告 収支決算報告 監査報告
  平成22年度支部事業計画  収支決算予算
平成21年度西村支部教育集会実施日について
支部提出議案
その他
閉会のあいさつ

とスムーズに終了したしました。
その後同ホテルにおいて懇親会が開かれ美しい酒と美味しい料理をいただきながら仕事や趣味などの話で親睦を深めました。
 


広報担当 細谷 敏行
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年05月31日
置賜支部だより(平成22年5月)(置賜地区)
置賜支部だより

置賜支部では、昨年度ケーブルテレビを活用した広報活動、「スポ魂!キッズ」の「スポ魂応援団」として、応急処置、テーピング、ストレッチングを合計6回放送させていただき大変好評だった訳ですが、今年度も昨年同様の広報活動を継続する事となりました。昨年度と異なるのは、「今日、何しったなや〜?」と言う番組で、高齢者サロンでのゲーム等をやる参加型の番組です。番組の最後の5分間を頂戴して介護予防をすることとなりました。今回は製作者側の意向も有り、戦隊物のキャラクターで進めたいということになり、「接骨師会健康守り隊・ほねつぎレンジャー」という大変ギャップのある広報活動となります。ピンクレンジャー、ブルーレンジャー、イエローレンジャーがそれぞれ指導役となり実演するもので、指導役は、南陽市、長井市、白鷹町でそれぞれ介護予防活動を行っているの先生方が中心です。第一回の収録は、先ず、4月10日の支部総会時に支部会員全員のポーズを収録、続いて4月20日に長井市の五十嶺接骨院トレーニングルームにてストレッチング上半身・下半身の実演と頭の体操(指体操)を収録しました。放送は5月からのスタートとなり、奇数月の放送で全6回、トータル30分となります。

放送日と内容は

5月17日〜5月28日   ストレッチング上半身・頭の体操
7月12日〜        ストレッチング下半身・頭の体操
9月6日〜        筋力向上トレーニング上半身・頭の体操
11月1日〜        筋力向上トレーニング下半身・頭の体操
11月19日〜
1月24日〜        セラバンドトレーニング上半身・頭の体操
3月21日〜        セラバンドトレーニング下半身・頭の体操

以上を予定しています。

収録場所を提供してくださった五十嶺弘先生感謝いたします。
今年度も社団ホームページにアップされておりますので、よろしくお願い致します。


置賜支部広報 藁科 隆


Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年04月15日
山形支部だより(平成22年4月)(山形地区)
        山形支部だより

◆山形支部春季講習会

 平成22年2月11日(木)山形市総合スポーツセンター会議室にて開催されました。
 第一部は『サービス向上と事業繁栄のために』との演題で、ライフマナーサポート代表で在らせられる金沢信雄先生をお招き致しました。
 昨今の柔整師養成校の開設に伴う有資格者の増加、接骨院開業増加の危機的状況下を生き残るために何が必要なのか、何をしなければならないのかを経営学の視点で解りやすく講演して下さいました。
 第二部は県保険部理事の渡部奥次先生による保険講習会を行いました。

◆平成21年度山形支部通常総会

 平成22年3月28日(日)午後4時より山形国際ホテルに於いて山形支部通常総会が開催されました。開会の辞に続いて鈴木宏明支部長より挨拶がありその後、議長選出により田苗孝一会員が議長に選出され、下記の通り総会審議が進行致しました。
(イ)  平成21年度総務部報告
(ロ)  平成21年度事業部報告
(ハ)  平成21年度保険部報告
(ニ)  平成21年度学術部報告(生涯教育)
(ホ)  平成21年度広報通信部報告
(ヘ)  平成21年度経理部決算報告
(ト)  平成21年度監査報告
(チ)  平成22年度事業部計画案審議
(リ)  平成22年度保険部計画案審議
(ヌ)  平成22年度学術部(生涯教育)計画案審議
(ル)  平成22年度経理部会計予算案審議
(ヲ)  県総会に対しての要望事項審議
(ワ)  その他
以上の審議が田苗孝一議長の下、速やかに可決承認されました。
その後会場を移して懇親会が開かれ、一年を労いながらも来年度への希望や抱負に華を咲かせ、賑やかな中お開きとなりました。
参加会員の協力もあり、山形支部通常総会は無事終了致しました。


山形支部通信員 高橋竜児
Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

2010年04月13日
置賜支部だより(平成22年4月)(置賜地区)
置賜支部だより

 去る平成22年4月10日(土)、赤湯温泉「丹泉ホテル」に於いて、(社)山形県接骨師会置賜支部 平成22年度 通常総会が行われました。
 第一部 総会は、総務の進行で進められ、まずは新入会員の紹介がなされ、齋藤大輝 会員の挨拶から始まりました。開会の辞を齋藤光夫副支部長がおこない、続いて支部長挨拶に嵐田郁夫支部長、その後、議長・書記選出となり、議長 後藤修一 会員、書記 手塚義行 会員・須貝弘和 会員が選ばれました。議事に入る前に定足数の確認を行い総会の成立が承認されました。
 後藤修一議長の進行で議事に入り
(1)平成21年度事業報告、並び各部活動報告
(2)平成21年度会計報告
(3)監査報告
(4)質疑応答
(5)平成22年度事業計画(案)
(6)平成22年度予算(案)
(7)質疑応答
(8)県提出議案
(9)その他
 大きなその他、の後、報告・連絡事項を行い、閉会の辞を齋藤光夫副支部長で締めくくっての閉会となりました。以上、次第に則り予定時刻ぎりぎりまで活発な質疑応答等がなされた大変有意義な総会となりました。
 また、今年度も昨年同様、事業の一環として予定されているケーブルテレビでのスポンサー活動の触り部分の収録を、支部会員全員の協力を得て無事済ますことが出来ました。
 休憩時間を挟んで、第二部 懇親会となり、総務の進行により進められました。開会の挨拶を齋藤光夫副支部長、支部長挨拶に嵐田郁夫支部長、ご来賓の紹介と挨拶では、県議会議員 小池克敏 氏、もり医院院長 森洋幸 氏、本会会長 小山健 氏より熱い挨拶を頂戴しました。また多大なるご芳志・電報をご披露させていただき、待ちに待った乾杯を森好郎 名誉顧問にしていただき宴会に入り、酒を酌み交わし、情報の交換やこれからのあり方など様々な話題で会場をにぎやかにし、カラオケ等も飛び交い熱気あふれる懇親会となりました。
 時間も押し迫り、佐藤二雄 相談役の締めで解散となり、その後赤湯のネオン街に繰り出していきました。


置賜支部通信員 藁科隆



Posted by master [コメント(0)][トラックバック(0)]

前へ < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 > 次へ

nmBlog v1.4 distributed by SAMN Project
Copyright (c) 2002-2007 公益社団法人山形県柔道整復師会All rights reserved